ソフトバンク研修向け事前準備のご案内



【重要なお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
iPhoneアプリ開発研修を受講いただく前に、以下4つの事前準備を完了していただくようご対応をお願いいたします。 
1.開発環境の事前準備【本メールでのご案内内容】
-1 【必須】iPhoneアプリ研修を受けるためのMacBook / iPhoneなどの環境の準備
-2 【必須】開発ツールSDKのインスートル
-3 【任意】iOS Developer 登録
2.研修テキストおよびサンプルコードの事前準備
-1 【必須】後日別メールでご案内いたします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【実施研修】 テクノロジーTRY~挑戦しよう!iPhoneアプリ開発研修~ 
【日時】 84日(土)13:00~18:00(開始30分前に開場します)  
※開始時刻について  -オンタイムで開始します  
-エレベーターが大変混み合いますので、時間に余裕を持ってご来場ください  
-やむを得ず遅刻や欠席をする場合は、必ず事前にSBU事務局までご連絡ください
 
【会場】 東京汐留ビルディング(本社)9階 キャンパス内 
【クラスルーム1、2】  ※汐留ビルのセキュリティカードをお持ちの方は直接9Fキャンパスルームまでお越しください  
※セキュリティカードをお持ちでない方は1F総合受付にお越しください   
(通信3社の方はビル1階入口ゲート横の警備員の方へ社員証を提示してください)
 
【事前準備】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1-1【必須】iPhoneアプリ研修を受けるためのMacBook / iPhoneなどの環境の準備
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【持ち物】
・MacBook ※Mac OSが右記バージョンであるか必ずご確認ください<Snow Leopard (10.6.2以上)>
※新 Mac OS X Lion も対応しています ※Mac PCは、研修当日に会場で使用しますため、会場へ持ち込みやすいノート型を推奨します
※開発環境のXcodeはSnow LeopardのDVDに含まれるものは古いため、iOS Developer Centerから新規にダウンロードしてください
※研修中、インターネット接続が必要です。LANポートがないPCの場合は、無線LANで接続いただきます。
    接続方法については当日ご案内いたします。
 ・無線LAN非対応の場合は、イーサネットアダプタを各自ご持参ください。
  ・iPhone OSは4.0以上にバージョンアップをお願いいたします
※セキュリティーポリシー上、MacPC/iPhoneは、両方が社用もしくは個人用の組み合わせとします
   <例:iPhone(社用)+MacPC(社用)/iPhone(個人用)+MacPC(個人用)>
※上記組み合わせのご準備が困難な場合、カリキュラムを一部変更させていただく場合がございます
・DockコネクタUSBケーブル ・USB電源アダプタ ・PC電源アダプタ ・社員証または名刺 ・筆記用具

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1-2【必須】開発ツールSDKのインスートル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
iPhoneアプリ開発研修を受けるためにはご自身のMacBookに開発ツール(SDK)のインストールを完了してください。
 
SDKのインストール
■最新版のSDK(Xcode 4.0.2 / iOS SDK 4.3)のダウンロード
<ログインアカウント> こちらのアカウントでiOS Developerプログラムにログインして最新のSDKのダウンロードが可能です。
ID:rainbowapps7
PASS:gcloud0101 
※SDKのダウンロードはiOS Developer Programに登録しログインするとできます。
※ID:iphone@rainbowapps.jp はアカウントのアクティベーションが終了しておらず最新のXcodeがダウンロードできません。IDをrainbowapps7 でお使いください。
 
また最新のMac OS Snow LeopardのCD-ROMにも収められています。
 
【ご参考】ドキュメントの閲覧およびダウンロード iOS Developer 登録がうまくいかない方のための注意事項をまとめました。
こちらもあわせて必ず一読ください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1-3 【任意】iOS Developer 登録
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ iOS Developer登録は今回の研修では必須ではありません。
     開発したアプリをApp Storeへリリースしたい人は登録してください。 後日登録しても大丈夫です。
     必要のない方は「1-3」はスキップして 別途ご案内いたします「2-1」に進んでください。 
iOS Developer Program への登録(旧名iPhone Developer Program)  作成したアプリケーションをApp Store経由で配信を希望する場合、
iOS Developer Programへの登録(登録費用10,800円)をお願いします。
登録時の情報は、英数文字のみで行うようにします。(日本語が混じるとうまく登録が完了できません)
iTunes ストア(App Store)での配布のできる Standard Programを選択して下さい。 
 
【ご参考】ドキュメントの閲覧およびダウンロード iOS Developer登録がうまくいかない方のために、注意事項をまとめました。こちらもあわせて必ず一読ください。 http://www.rainbowapps.jp/announcements/0 
 
■補足資料
   プログラム登録費用 スタンダードプログラム \10,800 iPhoneとiPod touch用に有償/無償のアプリケーションを作成し、
   App Store経由でアプリケーションの配信を希望するデベロッパ方向けです。
  テクニカル要件: iPhone SDKを使って開発するには、Mac OS X Leopardを搭載したIntelベースのMacが必要です。 
   iOS Developer Program http://developer.apple.com/jp/programs/ios/ 
   iOS SDK の日本語ドキュメント http://developer.apple.com/jp/devcenter/ios/library/japanese.html  
 
以上、事前準備をしっかり完了して研修に臨んでください。 
 
■事前準備が終わった方は、研修テキストのダウンローとと予習の準備へ
  2-1 研修講座の予習およびテキストやサンプルコードの準備(後日別メールでご案内いたします)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
事前準備に関するお問い合わせ ご不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせください。 
RainbowApps 事務局: info@rainbowapps.com
 
その他出欠席に関するお問合せ
SBU研修事務局:sbu_kenshu@mb.softbank.co.jp
 ※研修当日の連絡先 <佐藤 080-3425-1937
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2 【必須】研修講座の予習およびテキストやサンプルコードの準備
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本研修は本格的な開発実習研修となっております。講義内容をより理解するために、研修で使用いたします下記2つのテキストを必ず事前にお読みください。なお、当日のテキスト配布はございませんので、必要な方はご自身でプリントアウトしてください。

■テキストをダウンロードしてください
テキストをダウンロードすると、テキストとサンプルコードが入っています。テキストはMacの開発ツールXcodeで開くことのできる形式となっております。これはサンプルコードをコピー&ペーストで利用するためのものです。

テキストのダウンロードは上記IDとパスワードが必要です。
研修前に必ずMac へテキストをDLしてご参加ください。

ID:iphone@rainbowapps.jp
Pass:gcloud0101

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ボイスピアノを作る
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
テキストとサンプルコードのダウンロードはこちらから
ID:iphone@rainbowapps.jp
Pass:gcloud0101

講義の概要
自分の声などをその場で録音し、再生できるボイスピアノを作ります。

ボイスピアノを作るために必要な iPhone プログラミングの要素技術を一つ一つ確認しながら、一本のアプリを作り上げます。

また、幾つかの応用アプリを、自由作成の時間に作っていきます。

この講義で習得する技術

・Xcode の使い方
・Interface Builder の使い方
・GUI の作り方
・GUI のアクションをプログラムと連結する方法
・プログラムの処理結果を GUI に反映する方法
・音の録音の仕方
・音の再生の仕方
・ファイルの保存の仕方
・ファイルの読み込みの仕方

なお、それぞれ予習用の動画が準備されております。時間のある方は事前に参照ください。
(予習をしなくても研修講義は大丈夫ですが、事前準備およびテキストのダウンロードは完了してください)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

講義に関するお問い合わせ
ご不明な点がありましたら遠慮なくお問い合わせください。

RainbowApps 事務局: info@rainbowapps.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



Comments