ソフトバンク研修向け事前準備のご案内




1開発のために必要な機材をご用意ください。
iPhoneアプリ開発にはMacとiPhoneまたはiPod touchの両方が必要となります。

MacBook本体
MacOSX バージョンが10.7以上(Lion)
もしくは10.8(Mountain Lion)搭載のMacBook
※電源アダプタは各人でご持参ください。※MacBookAirをご使用の方は会場のインターネット環境によりイーサネットアダプタが必要になる場合がございます。

iPhoneまたはiPod touch
iOS5.0以上を搭載しているかご確認ください。
※Macと接続するためのUSBケーブルは各人でご持参ください。
iPhoneのホーム画面【設定】→【一般】→【情報】から確認できます。

※研修日当日は上記に加えて社員証または名刺・筆記用具をご持参ください。



2開発ツール(Xcode)を使用するMacにインストール

2−1.Mac本体のOSのバージョンの確認

お持ちのMacのOSのバージョンをご確認ください。左上のAppleメニューをクリックし
「このMacについて」をお選びください。


ソフトウェアアップデートを選択し、最新のバージョンにバージョンアップをお願いします。



2−2.開発ツールXcode4.5.2のインストール

<Xcode4.5.2インストール手順>

(1)下記URLにアクセスしてXcodeインストールファイル「xcode4.5.2.dmg」をダウンロードしてください。
下記画面のとおり操作しダウンロードしてください。
※ダウンロードには時間がかかります。
※下記画面では「xcode4.4.1」になっていますが実際は「Xcode4.5.2」になっています。
(2)ダウンロードが完了したら、「ダウンロード」フォルダにある
「Xcode4.5.2.dmg」をダブルクリックして、解凍(マウント)してください。
※下記画面ではxcode4.4.1になっていますが実際はXcode4.5.2になっています。
(3)解凍(マウント)が完了したら、Finderにてマウントされたデバイス「xcode4.5.2」を開き、
「Xcode4.5.2」のファイルを「アプリケーション」フォルダにドラックしてコピーします。
※下記画面ではxcode4.4.1になっていますが実際はXcode4.5.2になっています。
(4)「アプリケーション」フォルダを開いて先程コピーした「Xcode4.5.2」のファイルをDockに追加し
Xcodeを起動させましょう。
※既にApp storeでXcodeをインストールしている方はXcodeが2つになりますが特に問題ありません。
テキストは今回ダウンロードした「Xcode4.5.2」を使ってアプリを作成します。
※下記画面ではxcode4.4.1になっていますが実際はXcode4.5.2になっています。

(5)Xcodeが起動し、下記画面がでればインストール完了です。
※初回起動時は「インターネットからダウンロードされました。開いてよろしいですか?」の警告画面が出ますので「開く」をクリックしてください。
※環境によってはXcodo初回起動時に「Xcode License Agreement」や「System Component Installation」の画面が表示されます。
下記画面のとおり進んでください。

下記画面が表示されたらXcodeインストールは完了です。

これで開発ツール(Xcode)の準備は完了です。



【任意】iOS Developer 登録(実機インストール希望者は必須)

作成したアプリケーションをApp Store経由で配信を希望する場合、iOS Developer Programへの登録(登録費用8,400円)をお願いします。

【重要次の組み合わせの方のみ実機インスール可能ですのでご確認ください。


上記以外の組み合わせはセキュリティポリシーに違反しますので実機インストールはできません。予めご了承ください。

iOS Developer Proglamへの登録の仕方
iOS Developer Proglamのサイトへアクセスしてください。


1. まずAppleデベロッパの登録をします。
画面の下の続けるボタンを押してください。







2.“アップルデベロッパプログラムに登録するために新しいアカウントを作成します。”を選択して新規でデベロッパプログラムに登録してください。
※お持ちのApple IDが既存のiTunes Connectアカウントにも使われている場合でも会計およびレポート上の問題を避けるために新しいApple IDを作成をお勧めします。




3.
Individual”(個人用)・Company”(法人用)のアカウントどちらかのアカウントを作成する項目が選択できます。今回はIndividual”を選択してください。









4.Apple ID→Security Information→Personal Informationの項目を入力してください。
すべての項目を必ず半角英数字で入力してください。日本語で入力するとうまく登録されません。







5.各質問項目がでますので、各人で任意のものにチェックをし、Continueのボタンを押します。









6.Apple Developer Proglamへの支払いの同意を求められますので、チェックを入れてI Agreeを押します。
Apple ID作成時に登録したメールアドレス宛にverification codeが送信されますので、メールをチェックしてください。メールに記載されている番号を打ちみます。





7.支払い情報を登録します。決済で使用するクレジットカードで使用している名前・登録住所を入力してください。この際、すべて英数字で入力する必要があります。








8.使用するDeveloper Proglamを選択する画面が表示されます。iOS Developer Programを選択してください。









9.入力項目を確認してください。すべて正しかったら“Continue”ボタンを押します。










10.チェックボックスにチェックを入れてiOS Developer Program License Agreementに同意して、“I Agree”のボタンを押してください。









11.iOS Developer Program購入画面に移りますので“Purchase”のボタンを押してください。Appleストアの画面に移動します。Appleストアで使用するクレジットカード情報(請求連絡先・ご請求先住所)も英数字で入力してください。
購入が完了すると24時間以内にAppleからActivation完了のメールが送られてきます。





11.Activationが完了してiOS Devloper Centerにログインすると、右側のiOS Developer Programの項目の箇所が以下のように変化します。これでiOS Developer 登録は完了です。








Comments